こんなタイトルをつけておきながら何ではあるが、

私は自分が美しいとは思っていない。

 

しかし美しくありたい、とは常に思っている。

 

時々、周りから聞かれることがある。

「結構美容にこだわってますけど、

やっぱあれですか、再婚とかのチャンスのためですか?」と。

 

正直言って、それは全く考えていない。

 

なぜか?と問われたら

「自分で自分をブスだと思いたくないから」

というのが適切かと思う。

 

太ってるから着たい服が着られない

せっかくおしゃれしたのに全然パッとしない

そんなの楽しくない。

それが理由だ。

 

自分で自分が許せないから努力する。

 

それしか答えが思い浮かばない。

逆に言うと、男性のために綺麗にしていたい

という感覚はもっていない。

(というか、持つべき相手がいない。)

 

確かに、綺麗にしているときと

だらしない格好&すっぴんの時では

タクシーの運転手の対応が天と地ほど違う。

それは知っている。

すっぴんの時は10円おまけしてはもらえない。

 

だがしかし、私はその10円のために

美しくありたいと思うわけではない。

誰かより勝りたいとかそういうわけでもない。

 

ただ単に、自分で自分をブスだと思うのが嫌。

オシャレとかメイクとかそういうのを楽しめないのは嫌。

というだけの理由だと思う。

 

結婚して、子供もいるからもういい、

という人もたまにいるけど、

私はそう思わない、というだけの話である。

 

どう思われたいかではなく、どうありたいか。

 

みなさんはどちら派??

“私が美にこだわる理由” への2件のコメント

  1. リオさん
    私も自分がブスだと思いたくないから、がんばる派です。

    自分のことをずーっと好きになれなくて
    というのも
    本当、ブサイクやなーって思ってたから。

    年齢を重ねて、まぁもう自分の顔に見慣れてきたのか、こんなもんでいいか、と思い始めたけど

    やっぱ、最近ブスやん、と思って。

    もう顔だけではなく、全体的になんとかせんならんけん、、、

    内面も外面もな!

    放っておいたら、、、どんどんブスになっていくだけやん、、、
    !いや!
    ってすごい思いよる。

    です!

    ただ一言

    リオさんはキレイよ!
    肌がキレイやし、すっごい可愛い

    私、リオさんみるたびに感心するもん。

    キレイやなーって。

    1. いやいや~、とんでもない~!!でもありがと~☆
      本当に綺麗な人はいっぱいいるもんねぇ。
      でも、やっぱり結果的には自分で自分にOK出せるかだもんね。
      もし自分でできる努力をちゃんとしていたら、
      きっと自分にOK出せる。
      でもできるのにしてないことがあったら、きっとOK出せない。
      自分に恥じない自分が一番難しいのかもしれないね!
      時々励まし合いながらがんばろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です